アジアおでかけブログ

香港在住。6歳の娘と一緒にアジアをあちこちちょっとマニアックに。香港生活、マカオ、台湾、大陸旅など。

<深圳>娘といっぱい遊んだ日帰り深圳2024年4月 前半 ~食事してミニ遊園地と室内遊び場で遊ぶ!~

先月は2度娘(6歳)を連れて香港から日帰りで深圳に遊びに行きました。そのうち1回は朝から晩まで娘とあちこち行きいっぱい遊びました。疲れましたが充実した1日でした。こちらではその1日を振り返ります。

深圳日帰り旅

香港から深圳皇崗口岸

私たちが住む荃灣 Tsuen Wan(チュンワン)から深圳はバスで行くのが便利。今回もバスで娘と深圳に向かいました。10時20分、荃灣から深圳の皇岗口岸(皇崗口岸)行きのバスに乗りました。

深圳日帰り旅:落馬洲管制站

10時45分ごろ落馬洲管制站(香港側のイミグレ)に到着。娘が一緒なので、有人カウンターで出境手続きをして、再びバスに乗り込みました。右の写真は、香港側のイミグレから深圳側のイミグレに移動するバスの中から撮った写真。深圳河と、落馬洲駅と福田口岸を結ぶ橋が見えます。

深圳日帰り旅:深圳皇崗口岸(深圳側のイミグレ)

深圳皇崗口岸(深圳側のイミグレ)には10時58分着。左の写真はイミグレの建物に入る際の写真。右の写真は11時18分にイミグレの建物を出た時の写真。

皇崗口岸から地下鉄で移動

深圳日帰り旅:深圳皇崗口岸(深圳側のイミグレ)

無事、深圳入りして、そのまま通路を通って地下鉄の皇岗口岸(皇崗口岸)駅に向かいました。

深圳日帰り旅:皇岗口岸(皇崗口岸)駅

まずは石厦駅に向かいます。7号線で3駅。

深圳日帰り旅:石厦駅

11時40分、石厦駅に到着しました。

石厦時代広場

深圳日帰り旅:石厦时代广场(石厦時代広場)

駅から徒歩で石厦时代广场(石厦時代広場)へ。11時46分到着。

ランチ(マクドナルド)
麦当劳(マクドナルド)

娘は麦当劳(マクドナルド)に行きたいというので、マクドナルドでハッピーミールを食べさせました。初めての深圳のマクドナルド。フィッシュバーガーのハッピーミール22.5元。

詳しくはこちら☟

ランチ(老碗会)

まずは娘をお腹いっぱいにさせ、今度は私の番。老碗会は2014年創業の深圳の陕西麺屋さん。团购で買うと安かった、招牌手工凉皮套餐を頼みました。こちらの陕西手工凉皮と西安烤面筋☝のセットで20.9元でした。陕西手工凉皮は凉皮という幅広麺に野菜とグルテンミートをのせて、お酢や醤油、辣油、ゴマ油などのソース、ニンニクや香菜をかけたもの。ここのお店のものは野菜がいっぱい入っていて、サラダ感覚でつるつる食べられました。

跳跳龙游乐场(ミニ遊園地)
跳跳龙游乐场(ミニ遊園地)

食事の後は、モールの外にあったミニ遊園地に行ってみました。トランポリンとボールのゲームをして遊びました。乗りたい乗り物の料金だけ払えばいいのでサクッと遊べて、子供も大人も楽しめます。料金もそんなに高くなく、おススメです。

おやつ(呉酥生宮廷酥餅)
深圳日帰り旅:呉酥生宮廷酥餅

遊んだ後は、おやつタイム。モールの中に吴酥生宫廷酥饼(呉酥生宮廷酥餅)と言うお店を見つけて行ってみました。中華菓子店です。芋泥蛋挞(タロ芋エッグタルト)を2個買いました。優しい甘さでとてもおいしかったです。

石厦駅から福田駅へ

おやつタイムを終えて、13時33分、石厦駅に戻りました。

深圳日帰り旅:石厦駅から福田駅へ

石厦駅から福田駅に移動です。13時53分、福田駅到着。ここ最近、地下鉄の駅それぞれにキャッチフレーズみたいなのをつけているようで、面白かったです。

深圳日帰り旅:福田駅

妇儿大厦(深圳婦児ビル)に行くため、B出口から出ました。

飲み物購入(セブンイレブン)

深圳日帰り旅:セブンイレブン

改札を出た後、そういえば飲み物を持ってきていないなぁ…と思って、セブンイレブンに寄りました。店員さんがちょっと癖強めで🤣、何かと买一送一(1つ買うともう1つが無料)を勧めてくるので困りました。とりあえず水を買ったのですが、それも买一送一。買った後、そういえば自分のお茶を買い忘れた!と思いもう一度セブンイレブンに戻ってお茶を買ったのですが、お会計の時思いがけずそれも买一送一で、結局、4本のペットボトルを運ぶ羽目に🤣店員さんに「ちょっとそれ多すぎじゃないか?」と言われましたが…これってあなたが勧めてきたんですよ?🤣

深圳児童探索館

深圳儿童探索馆(深圳児童探索館)

今回の深圳日帰り旅の一番の目的はこの深圳儿童探索馆 Shenzhen Children's Exploration Museum(深圳児童探索館)。福田区の深圳妇儿大厦(深圳婦児ビル)というビルの中に入っています。お手洗いに寄って、14時10分に到着。

館内は2階建てになっていて、広さは4000㎡と広々しています。6つのテーマ(自然世界、都市、水の話、身体、五官、0~3才の乳幼児エリア)に分かれていて、それぞれのテーマに沿った展示や遊び場があります。職業体験のようなこともでき、娘は17時まで色々な遊びを楽しみました。

<旅行日:2024年4月14日>

後半へ続く…