アジアおでかけブログ

香港在住。3歳の娘と一緒にアジアをあちこちちょっとマニアックに。香港生活、マカオ、台湾、大陸旅など。

<香港>ワクチン接種証明書で日本帰国時の隔離期間が短縮に!でも子連れにはまだハードル高い

領事館からのメール

昨日の夕方、在香港日本国総領事館から届いた、「日本入国時のワクチン接種証明書による待機期間の短縮」についてのメール。

f:id:travelhongkongmacau:20210929121215j:plain

領事館からのメール

「有効と認められるワクチン接種証明書発行国・地域リスト」に記載された国・地域が発行した「ワクチン接種証明書」があり、対象国・地域から日本入国・帰国した際、検疫期間が短縮されるそうです。詳しくはこちら↓

国内外でワクチンの接種が進展しつつあることを踏まえ、検疫所が確保する宿泊施設にて6・10
日間の待機対象となっている指定国・地域以外の国・地域から入国・帰国し、かつ、外務省及び厚
生労働省にて有効と確認したワクチン接種証明書を保持する方については、入国後 14 日目までの
自宅等での待機期間中、入国後 10 日目以降に改めて自主的に受けた検査(PCR 検査又は抗原定量
検査)の陰性の結果を厚生労働省に届け出ることにより、残りの期間の自宅等での待機を求めない
こととします。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100238893.pdf

ワクチン接種証明書の「写し」の提出について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

香港の場合

香港の場合は、この「有効と認められるワクチン接種証明書発行国・地域リスト」に記載されているため、香港政府の発行したワクチン接種証明書があれば、検疫期間の短縮対象(14日間が10日間)になります。

ただ、対象ワクチンというのがあり、香港で接種できる2種類のワクチンのうち、復星医薬・ビオンテック製のワクチン(コミナティ)の場合は対象ワクチンですが、シノバック製ワクチン(コロナバック)は対象外

我が家は私がビオンテック製のを、夫がシノバック製のを接種したので、私の場合は対象になりますが、夫は対象外です。

安心出行のアプリでもワクチン証明が画面にでますが、そちらは一部※マークで表示されるため利用できず、紙の証明書(接種記録)👇が必要とのことです。紙の証明書にパスポートナンバーでなくIDカードナンバーが記載されている場合は、IDカードの提示が必要とのこと。

f:id:travelhongkongmacau:20210929121918p:plain

ワクチン接種記録

さらにこの措置を利用するためには、入国翌日から数えて10日目(即ち隔離10日目)以降に自主的に検査(PCR 検査又は抗原定量検査)をし、陰性の結果を厚生労働省に届け出る必要があります。この届出をすることによって、残りの隔離機関が不要になるとのこと。

うわーハードル高いです。4日間しか変わらないんだったら、面倒なことはやめて家にいよう…って思うかも…

しかも、香港の場合は、12歳以下の子供はワクチン接種できないので、子供は対象外。

綜合的に見て、我が家は利用できない措置でした😅子供も幼稚園があるので、長いこと香港から離れることはできないですし、移動そのものがリスキーだと思うので、しばらくは日本に帰国できなさそうです。