アジアおでかけブログ

香港在住。6歳の娘と一緒にアジアをあちこちちょっとマニアックに。香港生活、マカオ、台湾、大陸旅など。

深圳日帰り 荃灣~元朗~落馬洲・福田口岸~会展中心 2024年6月25日前半

先週再び一人で深圳日帰り。今回は1時間ちょっとの滞在。でも気になっていたことを色々試すことができたので、充実した滞在でした。

深圳日帰り

先週再び深圳 Shenzhen(シェンジェン)に日帰りで行ってきました。今回も銀行に行くのが目的でしたが、ついでに色々気になることを試してみました。

今回の深圳日帰りやりたいことリスト

  • 中国銀行のATMに行く
  • 荃灣からバスを乗り継いで落馬洲駅、福田口岸に行く
  • 「奈雪的茶」の杨枝甘露を飲む
  • 「鲍师傅」でお土産を買う

荃灣~元朗~落馬洲~福田口岸(深圳)

ではまず自宅のある荃灣Tsuen Wan(チュンワン)から出発です。いつもなら、深圳の皇崗口岸 Huanggang Port(ホァンガンコゥアン)行きの直行バスに乗るのですが、先日落馬洲に遊びに行った時に、元朗でバスを乗り継いでいくと落馬洲駅・福田口岸に安く行けることが分かったので、今回はその方法を試してみました。

8時半、荃灣から68Mのバスで元朗へ。左の写真は68Mのバスからの風景☟

荃灣から元朗

8時55分、元朗の又新街 Yau Sen Street(ヤウセン・ストリート)で下車。少し歩いて道の反対側の同樂街 Tung Lok Street(トンロック・ストリート)のバス停に移動し、9時ごろB1のバスに乗りました。割引があり、68MバスとB1バス合計で13.2HKドル。安いです👍

落馬洲駅

9時半、終点の落馬洲 Lok Ma Chau(ロックマチャウ)駅に到着(左の写真)。エスカレーターをのぼって(右の写真)、イミグレの建物に入ります。

落馬洲駅からの眺め

建物に入る前に、写真撮ってみました。落馬洲(香港側のイミグレ)から福田口岸(深圳側のイミグレ)に渡る通路と福田区のビルが見えます。このあと香港側のイミグレはIDカードを使って、e道(自動化ゲート)を通りました。

落馬洲

9時35分、香港から無事出境。通路(橋)を渡って、福田口岸へ。こちらは自動化ゲートを通れないので、外国人の列に並びました。前の方の人(カザフスタン人?)がトラブっていて時間がかかっていたため、列がなかなか進まず。荷物検査も結構人がいて時間がかかりました。

福田口岸

9時58分、イミグレ、税関を出ました。郎朗(ランラン)が出迎えてくれました😁ずっと前にシンガポールでお会いしたことがあるのですが、とてもユニークな方でした。いかにも芸術家と言った感じ。

さて、荃灣から福田口岸まで1時間半かかりました。バスを乗り継いでいくと安いですが、やはり時間がかかりますね。

福田口岸

エスカレーターの上、よく見ると、「口岸」になっているところがポイント…毎回ついつい写真撮っちゃいます。

福田口岸駅

イミグレの建物の下に、地下鉄の福田口岸駅が入っています。10時に福田口岸駅ホーム到着。地下鉄に乗り込みました。

会展中心駅

10時7分、会展中心 Convention & Exhibition Center(コンベンション&エキシビション・センター)駅で下車。改札を出たところに、翠華 Tsui Wah(チュイワー)がありました。

翠華(会展中心)

香港ではほとんど見かけなくなりましたし、見かけても特に入ろうと思うことはないのですが、深圳で見かけると入りたくなるのはなぜなんでしょうか。大きなカップが可愛らしかったです。

はま寿司(会展中心)

さらに「はま寿司」までオープンしていました!

ドナルド・マクドナルドが…

さらに、出口へ向かうエスカレーターのほうに歩いていると、視線を感じ…よく見てみると、ドナルド・マクドナルドがいました😅二度見しちゃいました。

写真が多いので後半に続きます…