アジアおでかけブログ

香港在住。6歳の娘と一緒にアジアをあちこちちょっとマニアックに。香港生活、マカオ、台湾、大陸旅など。

<香港>炯記燒味 Gwing Kee Restaurant ~映画見て下午茶で叉燒煎蛋飯~

最近見た話題の香港映画「九龍城寨·圍城」。叉燒飯を食べるシーンがあり、見終わった後無性に叉燒飯が食べたくなりました。そんなわけで再び炯記へ。

炯記燒味 Gwing Kee Restaurant

尖沙咀 Tsim Sha Tsui(チムサーチョイ)で映画を見た後、叉燒飯が食べたくなって、炯記燒味 Gwing Kee Restaurant(グウィンゲイシゥメイ、グウィンキー・レストラン)に行きました。

炯記燒味 Gwing Kee Restaurant

最初、13時40分くらいにお店に到着して聞いてみたら、下午茶(アフタヌーンティー)の時間は14時からだというので、近くのスーパーをぶらぶらして時間をつぶして、14時過ぎに入店。

炯記燒味 Gwing Kee Restaurant

こちらが下午茶のメニュー。毎回写真を撮り忘れていますが今回は写真ちゃんと撮りました😊ドリンク付です。ホットの紅茶やコーヒーは無料でつきますが、アイスの紅茶やコーヒーは3HKドルプラスになります。私はアイスのレモンティー、友達はホットのレモンティー。

炯記燒味 Gwing Kee Restaurant

左は友達が頼んだ鹽焗手撕雞撈麵(イムゴック・サウシーガーイ・ロゥミン、塩漬けした鶏肉をオーブンで焼き手で割いたものを載せたまぜ麺、まぜ麺のソースはガチョウ油のソース)。44HKドル。手撕雞も撈麵もこのお店の看板メニューなのでなかなかのグッドチョイス!でも思わず言っちゃいました、「あの映画見たのに叉燒飯じゃないの?」って…🤣

右は私が頼んだ叉燒煎蛋飯(チャーシゥジンダーンファーン、目玉焼き載せ叉焼飯)。44HKドル。映画の中のはシンプルな叉燒飯でしたが、やっぱり何となく目玉焼き載せにしちゃいました。そしたら「それも映画のとちょっと違わない??」と突っ込みが入りました😅映画はもう一回見に行こうと思っているので、その時には目玉焼き無しのシンプルなのを頼もうと思っています。あーでも撈麵もおいしいので燒鵝撈麵がいいかなぁ?すでに悩んでいる私でした。

<利用日:2024年4月>

炯記燒味 Gwing Kee Restaurant

住所: 尖沙咀樂道19號安順大廈地下A號舖