アジアおでかけブログ

香港在住。2歳の娘と一緒にアジアをあちこちちょっとマニアックに。香港生活、マカオ、台湾、大陸旅など。

<ベトナム:ハノイ>空港でプリペイドSIM購入

我が家で雇っているフィリピン人のヘルパーさんと娘を連れて、3人でベトナムのハノイに旅行に行ってきました。4日間の女子旅(?)でした。

今回のベトナム旅行では、Wifiルーターをレンタルせずに、現地(ハノイのノイバイ空港)でSIMカードを購入しました。SIMカード購入について記録しておきたいと思います。

f:id:travelhongkongmacau:20190401194635j:plain

ベトナムのプリペイドSIM

ハノイに到着し、イミグレを通って、預け荷物を受け取った後、両替所が並ぶところにでました。よく見るとその両替所はどれもツアーデスクでもあり、SIMカード販売もしていました。

f:id:travelhongkongmacau:20190401194811j:plain

SIMカード売ってます

f:id:travelhongkongmacau:20190401194831j:plain

SIMカード売ってます

値段表を比べてみましたが、どれも値段が同じだったので、一番手前にあった青いところでSIMカードを購入することにしました。

f:id:travelhongkongmacau:20190401194947j:plain

料金表

SIMカードは、データのみのものとデータ+通話のものがありました。値段はデータのスピードや通話料の有無によって異なり、200,000ドン(9USD)、250,000ドン(11USD)と300,000ドン(13USD)のものがありました。通話会社はMobiFoneとViettelがありました。ベトナムでは、MobiFone、Viettel、Vinaphoneが三大通信会社ということで、MobiFoneとViettelどちらを選んでも問題なさそうでした。

私が選んだのは値段表の2番、250,000ドンのViettelのSIMカードで、データのみ、通話無し。データは9GBまでは高速4G、それ以上のデータの速さは3Gで無制限というものでした。娘を抱っこしていたためあまり確認せずに買ってしまったのですが、滞在期間が短かったですし、そんなにネットを使う方でもなかったので、6番の200,000ドンのViettelのSIMカードでもよかったかなと買ってから思いました。

SIMカードは購入後、お店の方が設定して、使えるようにして返してくれますので、特に何かすることはありません。ネットの速さについては、ハノイ中心部から離れていないためかもしれませんが、つながりが悪いということもなく、ストレスは感じませんでした。